黒ずみ ケシミン

MENU

シミ・そばかすを防ぐケシミンクリームは黒ずみにも効果があるって本当?

血行を促進させるビタミンEやメラニンの生成を抑制するビタミンC誘導体が配合されているケシミンクリームはテレビや雑誌などでも多く紹介されており、まだ使ったことがなくても名前は聞いたことがある人は多いですよね。

 

シミやそばかすに効果があるなら、黒ずみも効果がありそうですが、ケシミンクリームはデリケートゾーンやワキ、膝などの黒ずみにも効くのでしょうか?

 

また、ケシミンクリームはデリケートゾーンに塗っても安全性に問題はないのでしょうか?

 

 

<ケシミンクリームに配合されている成分とは?>

 

シミやそばかすの生成を抑えることができるケシミンクリームですが、黒ずみにも効果がある成分は含まれているのでしょうか?

 

ケシミンクリームに含まれている主な有効成分の作用についてまとめました。

 

・L-アスコルビン酸 2-グルコシド

 

別名「ビタミンC誘導体」の一種であり、厚生労働省が認可した医薬品外成分で、メラニンやシミの生成を抑えることができる成分です。

 

その他にも皮脂の過剰分泌の抑制、ハリや弾力を取り戻し、アンチエイジングサポートなど様々な美容効果をもたらします。

 

・グリチルレチン酸ステアリル

 

抗炎症作用や抗アレルギー作用など皮膚炎に有効な成分で、美白効果も強い成分です。

 

紫外線で受けた肌ダメージも抑え、抗炎症作用により赤ニキビにも効果を発揮してくれます。

 

・トコフェロール酢酸エステル

 

ビタミンE誘導体の一種で、血行を促し、保湿効果や抗酸化作用にも優れています。
ケシミンクリームに含まれている有効成分をチェックしてみると、これならシミやそばかすだけでなく、黒ずみにも効果がありそうに思えますが、実際黒ずみにも効果があるのでしょうか?

 

 

<ケシミンクリームはデリケートゾーンには使えない?>

 

シミやそばかすの生成を抑えることが目的で作られていることもあり、ケシミンクリームは肌の刺激に弱いデリケートゾーンに塗ってもいいようには作られておりません。

 

また、ケシミンクリームの販売会社「小林製作」のホームページで、ケシミンクリームの効能を確認しましたが、黒ずみに効果があるとは記載されていませんでした。

 

そして、ケシミンクリームに含まれている強い抗炎症作用を持つグリチルレチン酸ステアリルが配合されているので、デリケートゾーンに塗ってしまうと、刺激が強すぎてしまい、副作用を起こす恐れがあります。

 

 

<確実に黒ずみを治したいなら、黒ずみ専用のケアグッズがおすすめ>

 

黒ずみが気になる部分に、ケシミンクリームを塗っても全く効果がないわけではありませんが、成分などをチェックしてみても、黒ずみに対しての効能はあまり期待できません。

 

ただ黒ずみを予防したいだけなら、ケシミンクリームでもいいと思いますが、黒ずみを本気で治したいのであれば、専用の黒ずみケアグッズを使いましょう。

 

 

<黒ずみだけじゃない?シミやそばかすへの効果も少ないと口コミも低評価…>

 

ケシミンクリームの口コミをチェックしてみると、黒ずみだけでなく、シミやそばかすの改善効果もあまり期待できないようです。

 

「ケシミンって名前ならもう少し効果があってもいいのに…」

 

「シミは全然治りません!予防クリームとして分かりやすく売ったほうがいいと思う」

 

「よくよくチェックしてみると、シミを消すものではなく、シミを予防するためのクリームなのですね…ちょっと騙された気分です」

 

名前が名前なだけに、ケシミンクリームで完全にシミやそばかすが消えると思って購入する方が多いので、その分がっかりされることも多いようですね。

 

 

黒ずみを治すには黒ずみ専用のケアグッズを使ったほうが近道です!

 

本当に黒ずみを治したいのであれば、専用の黒ずみケアグッズにトライしてみてくださいね!

 

>>ハーバルラビットを楽天で買う前に!【最安値を今すぐ確認】